【2022年4月】資産推移と振り返り

ゴリラ
ゴリラ

こんにちは。愛子さん。
4月の資産推移はいかがでしょうか。

愛子
愛子

こんにちは。
投資信託の評価が下がり、資産は減少しました。

FIRE進捗率は32%です。

4月の総資産

こんにちは。
長かった育休も終わり、4月から子供が保育園に通い始めました。
そして早速風邪を貰ってきました。。。

皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

さて、4月の資産内訳と先月からの推移です。

総資産
私:1,600万円(先月比−50万円
夫:2,180万円(先月比−120万円
合計:3,780万円(先月比−170万円
※1:共通口座のお金は夫の方に含む。
※2:ジュニアニーサ口座の分は私の方に含む。

また、FIREまでの進捗率は32%となり、先月よりも減少しました。

4月の資産推移考察

4月の夫婦の資産推移について考察しました。

私:4月資産推移の考察

マイナス要因
・投資信託の評価額が下がった。
・脱毛費用の支払いがあった。

結果、先月よりも資産は大きく減少しました

4月は投資信託の評価額減少の影響が大きかったです。

今後の入金は以下の予定です。

・育児休業給付金(6月末に振り込み未定。これで最後。)
・育児補助手当(会社より支給。5月で最後。)

給与

夫:4月資産推移の考察

マイナス要因
・投資信託の評価額が下がった。
・収入0

結果、資産は大幅に減少しました。

5月の資産推移の予想
資産推移を予想してみました。

5月は2人とも職場復帰しているので、給与がいよいよ発生します。
保育料の引き落としは6月以降なので、共通支出は大きく増えることはなさそうです。
相場次第ですが、資産増加は難しい気もします。

夫

次の育児休業給付金は5月で最後。

投資信託の評価次第だけど、大きく資産は増えそうにないなあ。

愛子
愛子

5月からは給与が満額貰える。
最後の育児休業給付金は6月に入金。
投資信託の評価が鍵。

4月の資産配分

今月の私の資産配分です。

株式:64%(先月比4%増)
債券:1.7%
リート:1.3%
コモディティ:0.4%
現金:33%(先月比3%減)

現金の割合が減り、その分株式の割合が増えています。

以下は保有投資信託についてです。

ジュニアNISAで購入している銘柄はこちら。

現在の評価額は約110万円です。
楽天証券で購入しています。

・eMAXIS SIim 全世界株式(オールカントリー)

個人年金(iDeCo)で購入している銘柄はこちら。

拠出は年2回(6月と12月)にしています。
現在の評価額は約50万円、利回り16%です。

・たわらノーロード先進国株式

その他の購入銘柄はこちら。

・楽天バンガード・ファンド(全世界株式)※

・eMAXIS SIimバランス(8資産均等型)※
・eMAXIS SIim 全世界株式
・SBI・バンガード・S&P500
※積立NISAで購入

2022年の資産配分を一部変更しました。

・株式の比率を60%から70%
・債権、リート、コモディティの比率を5%から2%
・現金の比率を35%から28%

この調子で株式比率を上げていきたいと思います。

22年の資産目標:1,700万円
資産配分の目標
株式:70%
債券、リート、コモディティ:2%
現金:28%


次に夫の資産配分はこちらです。

株式:59%(先月比3%増)
債券:2%
リート:1%
コモディティ:1%
現金:37%(先月比3%減)

株式の割合が順調に増加しています。
この調子で株式の割合を増やすとのことです。

道のりは長いですが、少しづつ資産を増やしてFIREを達成したいと思います。

愛子
愛子

知識は生活を豊かにします。
実りある人生を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA