割り切りの相場

割り切りの出会いで覚えておかなくてはいけない【2つのガイドライン】法律違反で罰則を受けない2つの要点を簡潔に解説。
MENU

割り切りで罰則を受けない2つの要点

割り切りの出会いで罰則を受けない為には為には2つの点にご注意ください。

 

2つの点に注意していれば割り切りの出会いにおいては罰せられることはありません。

 

つまり、倫理道徳上はどうあれですが、行政処分とは無関係に自己責任の範疇で遊ぶことができます。

 

出会い系サイトや割り切りで遊ばれる方は、以下の2つのガイドラインを絶対に覚えておいてください。

 

18才未満の男女とネット上を通じて出会わないこと

掲示板上での売春営利行為をしないこと

 

たった2つのシンプルなガイドラインを遵守することで、安心安全に出会い系サイトで遊ぶことができます。

 

18才未満との出会いは罰則が適用する

18才未満の男女との性的交渉はいかなる理由があれど男女双方罰せられます。出会い系サイト規制法により厳重に処罰されます。

 

知らなかったではすまされません。

 

その為、年齢認証を実施している出会い系サイトを利用することで未然に防げます。

 

また、万一、年齢認証を偽った18才未満の女性との割り切りをしてしまった場合。それが携帯電話の通信履歴で立証できるのであれば、不起訴処分で罰則を免れた男性の事例もあります。

 

 

19才の年齢で募集している女性にたった一言!確認事項で18才未満じゃないよね?というメール履歴を残しておけば、意図的に18才未満と出会いを作ろうとしたわけではないことが立証できます。公安委員会から認可を受けている出会い系サイトは、すべて年齢認証が義務付けられております。

 

だから、自分の身を守る上でも、未成年が利用できる可能性のある出会い系サイトを利用すべきではありません。

 

掲示板で売春とわかる表現で募集しない

掲示板上での売春営利行為とは不特定多数の人が閲覧しうる場所。つまりは出会い系サイトが運営する掲示板のことを指します。この場合において、男性がその女性と行為をしても男性側は罰せられることはありません。営業許可外での売春営利行為を行った女性が罰せられます。

 

例えば、エッチさせますからお金を下さい的なメッセージの書き込みをしたり、援助交際とわかる表現で掲示板上で募集する行為です。

 

特に割り切り目的の女性は特に気をつけなければいけない点でしょう。

 

その為、暗黙の了解を得られる相手を掲示板で探しているのが実情です。もしくは、出会いサイト外での直アドレス交換後に条件を提示することで割り切りの出会いが成立しております。この場合は自由恋愛という解釈が成立するので2017年現在の法律では罰則は存在しません。

 

出会い系サイトで割り切り相手と交渉するのは、掲示板で相手を特定してから、メールで具体的に交渉するのが基本です。

このページの先頭へ